インポテンツ克服のための薬代について

インポテンツは日本では勃起不全とされていますが、世界的には外傷や先天性の病気が原因で勃起が不可能な状態のことをインポテンツとしているので日本と世界では少し認識が違うとされています。インポテンツを治療するための薬代としては勃起改善薬が大きな割合を占めていて、1錠あたり2000円程度なので、1ヶ月あたり最低でも2万円は必要になります。勃起改善薬は一時的に症状を改善するものなので、セックスをする1時間前に服用するだけで効果を発揮するもので、セックスをする機会が多ければ薬代は高くなります。インポテンツを克服するためには症状によって最適な治療を選択する必要がありますが、外傷によってインポテンツが引き起こされている場合には手術によって機能を回復することが優先されます。精神的なストレスが原因の場合にはインポテンツを克服するために抗不安薬を投与したり心理カウンセリングを受けなければならないので、薬代以外にも費用が必要となりますが、完治することで薬代がいらなくなるので、根本的にインポテンツを克服することが重要です。またジェネリック医薬品を服用することで薬代を下げることができますが、個人輸入業者を利用して手に入れる必要があるので、安全性に関しては多少のリスクが伴います。とくにインド製のジェネリック医薬品の場合には有効成分に関する検査を行っている業者から購入することが重要で、偽物の薬を購入してしまうと有効成分が少なかったり、健康を害する可能性のある添加物が使われていることがあるので、慎重に業者を選んで正規メーカーが製造しているジェネリック医薬品を手に入れることが大切です。ジェネリック医薬品を使用すると薬代は半分から3分の1程度になります。

ED治療薬さえあればインポテンツは改善することができます。性行為に対してコンプレックスを持つ必要もありません。では、インポテンツを改善できる薬がどれだけあるかご紹介していきます。